カレーうどん

特徴

なんにでも合うカレーはうどんにも合う!
カレーとうどんの抜群の相性をお楽しみください!
ある程度、うどん店の定番メニューになったカレーうどんは差別化ポイントのひとつ。
カレーうどん専門店様もあるほど。

1 トッピングのブロッコリー、アスパラガスは事前の茹で、または蒸して冷やしておきます。
れんこん、かぼちゃは、薄切りで水にさらし、水分をふき取ったあと、素揚げにしておきます。
2 玉ねぎは薄切りあるいはくし切りに、にんじんは角切りに、お肉は食べやすい大きさに切ります
鍋に油をひいて熱し、肉と玉ねぎを先に炒めます
3 手順(2)に火が通ったら、水を入れ、にんじんを加えて煮込みます(牛肉のアクが出ますので、適宜アク取りを行います)
4 火が通ったら、カレールウを入れ、更に煮込みます
5 かけうどんの茹で時間で茹でます。
6 茹で上がったうどんを、ぬめりが取れるまで水洗いをし、玉取りします。
7 手順(6)のうどんを湯煎などして温め、よく水を切って深めの皿に移します
8 手順(7)にカレーをかけ、(1)のトッピングをのせて提供してください。 粉チーズを最後に振ると風味感が増します。 彩りが欲しい時には、軽く炒めたパプリカや焼いたトマトなどもトッピングに。

レシピの仕様

麺の特性 カレーソースの濃度によります 濃度が高く味が濃いものでしたら、太麺か極太麺 濃度が薄いスープカレーのようなものなら、細めの麺で。
材料(1人前) ・茹でめん 200g ・牛薄切り肉又は鶏、豚肉 100g ・業務用市販のカレールゥ 1食分 カレーパウダーと片栗粉の組み合わせでも ・玉ねぎ 1/2個 ・にんじん 1/4本 ・サラダ油 大匙1 ■トッピング ・ブロッコリー 1切れ ・アスパラガス 1本 ・れんこん薄切り 2枚
原価目安 350円
仕込み時間 カレールウとして作る場合は、2時間ほど。 カレーパウダーと片栗粉の場合には、オーダー受けてから、作る場合もありますので、仕込みは、1時間ほど
備考
先着50名様
高品質「麺」サンプル
無料プレゼント
ご請求
お問い合わせ