味をデジタルで分析し、味の向上と再現性を確保

讃匠で作る麺は職人の腕と、デジタル技術が両輪で備わっています。

讃匠の麺の製造工程はデジタル化されており、現在の小麦、塩水の特徴を数値化し、ライン工程で最適の麺を作ります。過去の膨大なデータからその日の環境に応じて調整を行うことは当たり前で、多品種小ロットのオリジナル麺の生産においても、安定した高品質の麺を生産可能です。

デジタル技術の活用、という点においては製品の生産だけでなく開発段階から徹底して取り組んでいます。
料理は食べる時間やその人の体調、天気など様々な要素が関係するため、麺やレシピの開発段階で確実にデータを取得しておくことはとても重要です。

讃匠の味覚分析室では、出汁やスープの味を分析し、数値化が可能です。同時に麺の物理的な特性(コシや歯ごたえ、加水量、伸び状態等)も分析が可能であり、レシピのデータ化を容易に行うことができます。

現在、店で作っている麺の分析を行い、讃匠製の麺に品質を全く変えずに切り替えることや、理想的な麺ができた際は、そのデータを取る、といったことも簡単に行うことができます。

特に多店舗展開をされている企業様や、レシピの味の安定を図りたい企業様には大変好評を頂いています。

先着50名様
高品質「麺」サンプル
無料プレゼント
ご請求
お問い合わせ